「採用担当者向け」看護師派遣(単発)のメリットとは

ふじのくに静岡看護求人ナビTOP › お役立ち情報 › 「採用担当者向け」看護師派遣(単発)のメリットとは

介護施設によっては、看護師の配置義務が科せられているところもあります。また、配置義務はなくても、看護師が在籍していれば利用者の健康管理や医療行為を担当してもらえるため、さまざまなメリットが得られます。ただ、看護師を採用するとなれば、それなりの人的コストが発生してしまうため、二の足を踏んでいる施設運営者の方も少なくありません。そこでおすすめしたいのが、看護師単発派遣の利用です。本記事では、看護師単発派遣のメリットを解説しましょう。

看護師の単発派遣とは

看護師
国家資格を有する看護師を、単発で施設に派遣してもらうことを指します。看護師といえば、医療機関に雇用されて働いている方をイメージしてしまうかもしれませんが、近年では派遣スタッフとして働いている方も少なくありません。このような、派遣会社に登録して働いている看護師を、スタッフとして施設に派遣してもらうのです。看護師は派遣会社と雇用契約を交わしているため、施設側が採用するわけではありません。煩わしい採用手続きも不要であるため、現在では派遣の看護師スタッフを活用している介護施設がたくさんあります。

看護師単発派遣のメリット

メリット
介護施設が、看護師の単発派遣を利用するメリットは多々あります。必要なときだけ利用でき、トータルでのコストを抑えられることがメリットです。また、職場に合わない人材なら変えてもらうことができ、たしかなスキルを有する人材を派遣してもらえるのもメリットといえるでしょう。

必要なときだけ利用できる

たとえば、「明日利用者の健康チェックをしたいから看護師を派遣してもらいたい」といったシーンにおいて、看護師の単発派遣は活用できます。看護師資格を有する者でないとできない行為が必要になったときだけ、看護師を派遣してもらえるのはメリットです。

コストを抑えられる

先ほどの、必要なときだけ利用できるに通じることですが、看護師と直接雇用契約を結ぶわけではないため、コストを抑えられます。看護師を直接雇用するとなれば、長い目で見るとかなりのコストが発生します。採用コストはもちろん、長く雇用すればするほどコストが発生します。単発派遣なら、そのときだけしか費用は発生しません。採用コストやランニングコストを考えれば、看護師の単発派遣には大きなメリットがあります。

合わない人材は変えられる

たとえば、看護師を施設で正社員として採用した場合、施設に合わないからといってすぐ解雇するといったことはできません。絶対にできないわけではありませんが、そのようなことをしてしまうと、のちのち問題になるおそれがあります。一方、単発派遣の看護師なら、合わない場合には変えてもらえます。また、直接看護師に伝える必要はなく、派遣会社の担当者に伝えれば、別の人材を用意して派遣してもらえるのです。施設の介護職員とうまくやってくれない、業務が雑で頼りにならない、といった状況では看護師を変えないと職場の雰囲気が悪くなるばかりか、利用者にも迷惑をかけかねません。派遣の看護師なら、このようなときスピーディに対処できます。

たしかな人材を確保できる

あらかじめ、どのような人材を求めているのかを伝えておけば、それに見合った人材を派遣してもらえます。看護師歴が長いベテランからコミュニケーション能力に長けた人材など、派遣会社にはさまざまなタイプの看護師が在籍しているからです。求める人材をピンポイントで確保できるのは、単発派遣の看護師を利用する大きなメリットといえるでしょう。しかも、「何か思っていた人材と違う」となったときには、担当者に伝えて別の人材に変えてもらえるのです。

看護師の日雇い派遣は違法?

看護師
看護師の日雇い派遣は禁止されている、違法であるといった話を耳にしたことがある方は多いのではないでしょうか。たしかに、これまでは看護師の日雇い派遣は禁止されていたため、違法でした。しかし、2021年の4月1日より、看護師の日雇い派遣および僻地への派遣が解禁となります。法改正が行われ、2021年の4月以降は日雇い派遣の看護師をスタッフとして採用できるのです。

週20時間未満でも単発派遣が許される場合

単発派遣で31日以上の雇用契約を結ぶケースでは、週20時間以上の労働が見込まれなければなりません。しかし、副業での単発派遣なら、週20時間未満でも問題ありません。ほかに本業がある方なら、不安定な生活に陥るおそれはないため、週20時間未満の単発派遣でも許されているのです。世帯収入が年間で500万円以上の方や、本業における年収が500万円以上の方、60歳以上の方、雇用保険の適用を受けない学生などは週20時間未満でも単発派遣に制限はありません。

まとめ

単発派遣の看護師を活用できれば、医療ケアが必要なときだけ派遣してもらえます。トータルでのコスト削減が可能となるため、施設の運営が楽になるかもしれません。自社で時間をかけて看護師を採用する必要がなく、理想的な人材をその都度派遣してもらえます。2021年4月からは、看護師の日雇い派遣と僻地への派遣も解禁されます。社会福祉施設等への看護師の日雇い派遣も解禁されるため、今後は多くの介護施設が派遣看護師を活用し始めるでしょう。この機会に、検討してみてはいかがでしょうか。

link 関連記事