自分の無力さを感じた|看護師辞めたいアンケート

ふじのくに静岡看護求人ナビTOP › お役立ち情報 › 自分の無力さを感じた|看護師辞めたいアンケート

看護師_辞めたい

年齢・性別

30歳 男性

現在の居住都道府県

山口県

看護師として働いた(働いている)年数

13年目

看護師を辞めたいと初めて思った年数

正看護師になって2年目

看護師を辞めたいと思った時、どなたかに相談しましたか

上司、高校の時の先輩

看護師を辞めたいと思ったきっかけ

看護師_辞めたい

実習中では一人の患者のみを看て、その人について深く知っていく中でどのようなケアをしていきたいかなどを考える余裕がありました。しかし、いざ就職すると時間とナースコールに追われる日々で、焦りから先輩や上司からも怒られ、自分の無力さ(今思えば勉強不足)に嫌気がさして病院(病棟)での看護はしたくないと思ったのがきっかけでした。

看護師を辞めたいと思った時の職場

慢性期病院の療養病棟

解決策

上司に何度か相談したが「それは何回も説明したけど、慣れるしかない」と突き放され、退職を希望した際にも看護部長から異動を提案されたが転職した。

転職することによって解決した場合の職場

ホームヘルパーの事業所

今看護師を辞めたいと悩んでいる看護師さんたちへのアドバイス

看護師_辞めたい

辞めたいと思うのは当然のことだと思います。特に初めて転職を考えるときには上司へ相談すると嫌な顔されたり、何度も引き止められたりして面倒だと思いました。しかし、自分なりにしっかりと今の現状と向き合うことが大切だと思います。一度看護の道を中断して、回り道をすることも一つの選択肢です。また看護師をしたいと思ったとき、回り道の経験が看護に生かされます。それがまったく別の職種だったとしてもです。でも悩んでいるということは看護をしたい気持ちもあるのではないでしょうか?病棟で医療処置をすることだけが看護ではありません。地域に出たり、心が病んでる人のそばに寄り添ったり、妊婦さんや子どもさんと関わったりといろいろな選択肢があるのも看護の魅力です。その中で一つでも好きなものができれば看護師人生が楽しくなると思います。今悩んでいる時間もきっと役に立ちます。いっぱい悩んで悔いのない人生にしてください。

link 関連記事